Blog

アウトドアウェディングの魅力や会場の選び方!不安も解決♡

大人気のアウトドアウェディング!Instagramでもよく見かけるようになりました(^ ^)

興味はあるけれど・・・アウトドアウェディングって、実際どんなことするの?お料理は?雨の時はどうなるの??など、イメージが湧かない新郎新婦さまも、多いのではないでしょうか?

大阪・神戸・京都といった関西を中心に、8年前からアウトドアウェディングをプロデュースしてきた、フリーウェディングプランナーだからこそ、お伝えできるプロの目線で、アウトドアウェディングの魅力やおすすめの場所をお伝えいたします!

そして新郎新婦さまからよくいただくご質問にもお答えいたします♡

アウトドアウェディングの魅力とは?

アウトドアウェディングとは?

そもそもアウトドアウェディングとは、どのような結婚式なのでしょうか?

屋外施設・キャンプ場・公園など、開放感のある屋外で楽しむ結婚式で、2014年ごろから関西でも徐々に増えてきたスタイルです。

どんなスタイルがあるの?

ひとことでアウトドアウェディングと言っても、そのスタイルはさまざま。

Colored Weddingがこれまでプロデュースさせていただいた野外ウェディングでも、多様なスタイルがあります。

Style1)シンボルツリーの下で挙式

Style2)海外のようなテントウェディング

Style3)ビーチ沿いでBBQパーティー

Style4)広い芝生でピクニック風に

Style5)オープンエアーのウェディング

アウトドアウェディングの魅力は?

野外で結婚式を開催することの魅力は、やっぱり!この開放感!!

普段は行かないような自然の中にいると、新郎新婦さまはもちろん、ゲストの方も呼吸が深くなり、とっても柔らかい表情に(^ ^)

そして、その開放的な空気が生み出した結婚式のキセキは、今でも目に焼き付いているほど♡

例えば、疎遠だったご家族が、アウトドアウェディングの開放感からか、お父さまの余興に、急遽一緒に参加してくれたり・・・

バージンロードを一緒に歩いたお父さまと、これまでの感謝を込めて、思わずハグしたり・・・

どんな人がアウトドアウェディングに向いている?

「キャンプやBBQが好き」「ピクニックが好き」と言った野外で過ごすのが好きな方はもちろん、
「海外のような結婚式が憧れ♡」という新郎新婦様も、自分たち好みの空間を、ゼロから創れるアウトドアウェディングはオススメです(^ ^)

また、今まで参列したことのないような結婚式にしたい!というおふたりにも、自由な演出ができるアウトドアウェディングはピッタリ!!

そして、堅苦しい雰囲気はイヤ!自分たちが主役ではなく、ゲストに思いきり楽しんでほしい!という、自然体な新郎新婦様も、カジュアルな野外ウェディングはオススメです♡

お料理はどうするの?

アウトドアでは、キッチン設備が近くにないところも多いのですが、そんな時に大活躍するのが、ケータリングカー♡

キッチンカーとも呼ばれ、野外フェスやロハスフェスタなどのイベントにも登場しています(^ ^)

キッチンカーとひとことで言っても、色々なお料理があるので、どんなメニューにしようか考えるのも、打ち合わせの楽しみの1つ♫

例えば、この車はコーヒーマシンを乗せたカフェカー(^ ^)

本格エスプレッソからカプチーノまで、淹れたてのコーヒーで、ゲストをおもてなしできるんです(*^^*)

「ピクニックウェディング」をコンセプトにしたおふたりは、デートでよく行ったカフェから、コーヒー豆をいただき、思い出の味を、ゲストの方に楽しんでいただきました♡


⁡アウトドアウェディングでも、おふたりらしいお料理で、ゲストに楽しんでもらいましょう♪

どんなことをして楽しむ?

みんなで身体を動かす

アウトドアウェディングならではといえば、身体を動かすイベント!

「運動会ウェディング」と題して、玉入れや大縄跳びをしたり、お子様が多い結婚式では、みんなで「だるまさんがころんだ」を楽しんだり♪

大人も子供も、なぜか真剣に楽しめちゃうから不思議です(^ ^)

バンド演奏をする

音量に制限のない野外では、趣味のバンド演奏などをされる新郎新婦さまも♡

バンドサークルで出会ったおふたりが、ご両親様に、普段伝えられない想いを込めてした演奏は、ゲストはもちろん、私たちスタッフも涙してしまうほど、心震えました(>_<)

キャンプファイヤー

アウトドアといえば、キャンプファイヤー♪
最近はキャンプ好きの方にも、「癒される♡」と人気ですよね!

おふたりが点火したキャンプファイヤーで、マシュマロやソーセージを焼いて楽しんだり、炎のゆらめきを見て癒されたり(^ ^)

アウトドアウェディングでは、ゲストにそんな時間も楽しんでもらえるんです♪

雨の場合はどうなるの?

アウトドアウェディングは、自然が相手だからこそ、雨が降ってしまう時も、もちろんあります。

開催場所や、おふたりのご希望によって、雨の場合はどうするか、事前にプランを決めておきます。

例えば、もともと芝生の上で挙式を挙げて、テントの中でウェディングパーティーの予定だったおふたりは、挙式から大きなテントの中で(^ ^)

当初の予定とは変わってしまいましたが、海外のようなテントで行う挙式も、また素敵で・・・

テントの中では、外の雨を忘れてしまうくらい、とってもあたたかい時間が流れていました♡

会場選びで大切なポイント7つ

では、実際にアウトドアウェディングをしたい!と思った時、どんな風に場所を選んだらいいのでしょう?


関西でまだアウトドアウェディングがブームになる前から、たくさんの野外ウェディングをプロデュースをしてきた、フリーランスウェディングプランナーだからこそ見えてきた視点で、会場選びのポイントをお伝えします!

Point1 スタイル

会場を探すとき、まず考えていただきたいポイントがこちら(^ ^)

「どんなスタイルがあるの?」のところでもご紹介したように、アウトドアウェディングとひとことで言っても、
・広い芝生でテントを建てて楽しむスタイル
・ピクニック風にレジャーシートで楽しむスタイル
・目の前が海!といった景色を楽しむスタイル
など、さまざまです。

おふたりのお好みは、どんなスタイルですか?

ご希望のイメージやスタイルに合わせて、おふたりの夢が叶う場所選びをしていきましょう♪

Point2 アクセス

やはり新郎新婦さまが一番心配されるのが、アクセスではないでしょうか?

公共の交通機関(電車・バス)で行きやすい場所かどうかは、重要なチェックポイント!

もし、バスなどで近くまで行けない場合には、大きなターミナル駅から、送迎バスやタクシーを手配するのもお勧め(^ ^)

送迎バスの中で、おふたりのプロフィールビデオを上映したり、結婚式のしおりを配ったり、レクレーションをしたり・・・
結婚式が始まる前から、ゲストにワクワク楽しんでもらうこともできちゃいます♡

Point3 お手洗いのキレイさ

キャンプ場や公園などのアウトドアウェディングで、女性が一番気になるポイントがここ!

アウトドアウェディングをプロデュースする前は、野外が得意ではなかった私が、個人的にチェックしてしまうのもココです。

キャンプブームもあり、比較的新しいお手洗いがある場所も多いですが、メイク直しスペースや、おむつ替えスペースがあるとベスト!

Point4 近くにキッチンがあるかどうか

お料理は、ゲストが結婚式で楽しみにされているものの1つ。だからこそ、しっかりこだわっておもてなししたいですよね!

キャンプ場や屋外施設などで、キッチンのある場所は少ないですが、近くにあると、野外でもコース料理を召し上がっていただくことが可能です。

もちろんキッチンが近くにない場合でも、ケータリングカーなどで、出来立てのお料理を召し上がっていただくこともできますので、ご安心くださいね♡

Point5 宿泊施設が近くにあるか

ご遠方からいらっしゃるゲストが多い場合には、こちらも重要なチェックポイント!

事前に荷物を預けたり、着替えたりもできるので、宿泊施設が近くにあると、安心しますよね(^ ^)

もちろん、お近くにお住まいのゲストも、野外ウェディングの後、宿泊していただき、ゆっくりと2次会を楽しむ方もいらっしゃいます♪

ご家族みなさまで宿泊するのも、親御様がとても喜ぶ「親孝行」になるはず♡

Point6 ウェディングの時間帯

昼間の明るい時間に、ワイワイと楽しむアウトドアウェディングなのか、夕暮れのロマンティックな雰囲気のナイトウェディングも楽しみたいのか、時間帯によっても、場所選びは大きく変わってきます(^ ^)


個人的なおすすめは、日没ごろにお開きを合わせること♡

もちろん季節によって変わりますが、挙式は明るい時間に・・・そして、ウェディングパーティーが終盤に近づくにつれ、夕陽で空が染まっていく・・・

空の変化も楽しみながら過ごすアウトドアウェディングは、本当に特別な時間です♡


Point7 貸切になるかどうか

特別感のある結婚式を挙げる場合、場所選びのポイントになるが、貸切にできるかどうか(^ ^)

公園などでは難しい場合もあるので、どうしても貸切がいいという場合には、キャンプ場や屋外施設がオススメ!

逆に貸切にならない場所の場合、周りにいらっしゃるたくさんの方に祝福してもらえる、というメリットも♡

アウトドアウェディングのよくある質問にお答えします♡

Q1 野外だとドレスが限られちゃいそうで不安・・・

アウトドアウェディングだと、ドレスが汚れそうだから、購入しなきゃいけないのかな?と思われているご新婦さまも多いですが、レンタルでも、野外で着ていただけるドレスはたくさんあります(^ ^)

もちろんショップによっては、一部新作などは難しい場合もありますが、ほとんどのドレスショップが、お好きなドレスを選んでいただけると思います♡

Q2 おじいちゃん・おばあちゃんにも来てもらいたいけど大丈夫?

野外ウェディングでもご年配のおじいさま・おばあさまをお招きする新郎新婦さまは、たくさんいらっしゃいます(^ ^)

車で入れる芝生スペースであれば、車椅子でのご参列も可能に♡

Colored Weddingの場合、ご家族様専属のスタッフが、ブッフェのお料理をお持ちしたり、ご年配のゲストも含め、みなさまが楽しんでいただけるサポート体制を作っています(^ ^)

Q3 準備が大変そう・・・

確かに、既に設備が整っているホテルやゲストハウスに比べ、アウトドアウェディングは、自由に選べる分、決めることが多いです。


場所探しに始まり、テントやテーブル・椅子は、どんなものにするか?そもそもテーブル・椅子がない、ピクニックスタイルにするのか?…など選べる選択肢が広い!


それが大変と言ってしまえば、それまでなのですが・・・
⁡全てをゼロから創りあげることができる!こんなにワクワクすることって、アウトドアウェディング以外では、なかなかできない体験だと思うのです♡


もちろん、それら全てを新郎新婦さまだけで、決めていくのは、本当に大変です。

だからこそ、私たちプロのウェディングプランナーが、幅広い年代のゲストの目線に立ったり、雨のリスクなども考えながら、しっかりとサポートさせて頂きます♡

アウトドアウェディングに興味が出てきたら・・・

アウトドアウェディングのイメージ、少しずつ具体的になってきたでしょうか?

ぜひたくさん方に、野外の開放的な空間で、おふたりらしい結婚式を挙げていただけたら幸せです♡

アウトドアウェディグに興味が湧いてきた!

まだ具体的なイメージはないけど、野外でのウェディングのことをもっと知りたい!

実際に関西ではどんな場所でできるのかな?

そう思われたおふたりは、ぜひお気軽にお問い合わせください♡

関連する記事