Colored Wedding

エレガントピクニック

海外ウェディングのような 夢のような時間と空間(*^^*)
野外ウェディング=カジュアルなだけじゃない!
エレガントな装飾と ピクニックのようなリラックス感で ゲストをおもてなし♡

ドレスまでトータルコーディネート

ドレスも靴もアクセサリーも 相談をしながら 1つずつ一緒に決めてきた
ご新婦さまとプランナーの私(^-^)
結婚式にお呼びするお友達には 内緒にしておきたいことも
相談できないことも たくさんあるから…
準備期間に いちばん傍で 友達のように寄り添える存在でありたい♡

デザインからオリジナルのウェルカムボード

今回のテントウェディングでは テントやテーブルの装飾・セッティングだけではなく
招待状などのペーパーアイテム・ウェルカムボードまで
デザイナーさんと一緒に携わらせていただきました(^-^)

結婚式って 特別な「時間」を創り上げる要素が大きいけど
それぞれのアイテムにこだわった「モノ」創りも 久しぶりにとっても楽しかった(*^^*)

ウェルカムボードのデザインはもちろん 額も特別オーダーのオリジナル♡
額が購入ではなく 作れるってことも 生まれて初めて知った♬

デザイナーさんと私のセンスを信じて 依頼してくださったおふたりに感謝です♡

お好きな世界観を創りあげる オリジナルウェディング

メインやゲスト卓の装飾だけでなく テント自体もジョーゼットやグリーンで装飾(^-^)
装飾1つで いつもとは全く違う雰囲気に(*^^*)
テントのスタイルから始まり テーブルや椅子・ファブリック・装花などを総動員して
おふたりの好きな世界観を創っていけるテントウェディング やっぱり素敵♡

できたてのお料理でおもてなし

ピクニックウェディングのお料理は ケータリングカーで♬
ピザ窯で焼き上げるピザが 野外で食べれるなんて最高♡
パスタや炊き込みご飯など おふたりのリクエストメニューも(^-^)
アウトドアでも 出来たて&あたたかいお料理が食べれるのが嬉しい(*^^*)

お料理の主役!!

お料理の主役は なんと!
食堂を営む ご新郎お父さま手作りのローストビーフ♬
初めは お父さまの得意料理の出汁巻を…というお話でしたが
コンセプトに合わせ ローストビーフをリクエスト(^-^)
もちろんゲストにも 1番人気のメニューでした(*^^*)

エレガントな雰囲気にピッタリのクロカンブッシュ♡

エレガントコンセプトのテントウェディングでは
ケーキの代わりにクロカンブッシュを♡

野外でのクロカンブッシュに心配もたくさんありましたが
ケータリング会社さんがおふたりの好みのイメージに仕上げてくれました♬
5年前に出会って以来 アウトドアウェディングでは たくさんの希望を叶えてもらってます(^-^)
おふたりの夢を叶えようと いつも本気になってくれる仲間に感謝♡

普段は伝えられない感謝を(*^^*)

弟さまへのインタビューの後 ご新婦さまと固い握手♡
今までの感謝と お祝いの気持ちを込めて(^-^)
結婚式はゲストをおもてなしするのはもちろんだけど
ご家族との絆を深めるこれ以上ない機会(*^^*)
大切な人に 普段はなかなか伝えられない想いを伝えるウェディングを
これからもお手伝いしていきたい♡

公園ならではのピクニックウェディング♬

大人も子供も みんな走る!!
コンセプトのピクニックらしく みんなで「だるまさんがころんだ」を(^-^)
おふたりもゲストも 童心にかえって ワイワイ楽しみました♬
大人になって本気で遊ぶのって楽しい(*^^*)

アフタヌーンティープレート

ゲームをみんなで楽しんだ後は デザートプレートをサーブ♬
アフタヌーンティーをイメージして エレガントさを(*^^*)

感謝セレモニーは涙ばかりでなくてもいい

親御さまへ感謝の気持ちを伝えるシーン…
こんなに和やかで 笑顔があってもいい(*^^*)
涙の感動系や 奇抜な演出は苦手 というおふたりらしく
野外の開放的な空間で おふたりらしい和やかな時間になりました(^-^)

大阪とは思えない開放感

今回のテントウェディング 実はこんな広大な場所で開催してました♬
この開放感 アウトドアならでは(^-^)
どんなセッティングするかも どうやって1日を使うかも おふたりのイメージ通りにできる!
これこそ本当のオリジナルウェディング♡

Wedding Data

新郎新婦
K.Yさま&M.Yさま
場所
大阪
挙式日
2019.5.12
コンセプト
エレガントピクニック
背景
ご新郎様の甥っ子・姪っ子さんや
ご友人のお子様がたくさんいらっしゃるので
お子様たちが野外でワイワイと楽しでいる姿を 
大人は美味しいご飯を食べながら眺める
「ピクニック」のようなイメージに♡

アウトドアという場所ですが
ラスティックやカントリーという雰囲気は
ご新婦様の好みではない ということで「エレガントピクニック」というコンセプトになりました