Colored Wedding

おもてなしガーデンウェディング

空と海と山に囲まれた神戸らしい場所で
素敵なロケーションとお料理を楽しむウェディング♡
ゲストの方に準備などの負担をかけずに 心から楽しんでほしい!
という想いから ゲスト参加型の結婚式に♬
おふたりもゲストも ワイワイと自然体で過ごしている時間が 本当に幸せそうで
私も何より嬉しかった1日(*^^*)

ウェルカムポニー

みなさまをお迎えするウェルカムポニーに おふたりも「今日はよろしくね」とご挨拶(^ ^)
大人はもちろん 子供たちも!動物も!一緒に楽しめる♬
これが野外ウェディングのいいところ♡

季節を楽しむ

創り込んだ装飾はもちろんだけど 自然に咲く花たちが 結婚式に彩りを添える(*^^*)
春のウェディングは 新緑や咲き始めた草花も 見どころのひとつ♡
挙式に参列しながら 都会の生活では感じることが少ない
「季節」をゲストに味わってもらいました(^ ^)

全員でリングリレー

ゲスト全員にリングリレーをお願い!
ご友人も ご親族も お子様たちにもご協力いただいて
みんなで幸せになってね!という想いを込めて おふたりにリングを届けました♡

挙式の中でご両親にお手紙を

挙式の結びに ご新婦さまからご両親へのお手紙♡
感謝のお手紙は 披露宴のラストに読まなきゃいけないなんて 決まっているわけじゃないんです!
大切な結婚式当日を おふたりらしく過ごせることが 何より1番大事(^ ^)
おふたりが おふたりらしくいられる結婚式…
それこそが おふたりの魅力を引き出す 本当のオリジナルウェディング!
そんな想いで お手紙朗読を挙式中に♡

抜群のロケーション

メインテーブルにいるご新郎さまも つい振り返ってしまうほどの景色(^ ^)
野外でのウェディングは アクセスのいい場所ばかりとは限らないけど…
このロケーションこそ 1番のおもてなしかもしれない(*^^*)
開放感抜群の空間で 美味しいお食事とゆっくりとした時間
それだけで もう幸せな1日♡

 

ウェディングケーキのデコレーション

余興やスピーチなどゲストにお願いするのではなく
気兼ねすることなく ウェディングに参加していただくために
参加型の演出にこだわった結婚式♡
ウェディングケーキは ゲストのみなさまにデコレーションしてもらいました♬
おふたりとゲストだけでなく ゲスト同士の交流も自然と生まれて
ワイワイ楽しい時間に(^ ^)

ご新郎さまからのサプライズ

ご新郎さまからのサプライズ♡
実は前日 荷物を準備する時に ご新婦さまに勘付かれてしまったようで…
「詰めが甘いなー!笑」と言いながらも とっても嬉しそうなご新婦さまの姿が
印象的でした(^ ^)

開放感抜群のデザートブッフェ

最近は 雲海とか 眺めのいいテラスとか ブームだけれど・・・
ここは まさに天空のテラス!
ご新婦さまの生まれ育った神戸の街を見渡す
開放感抜群の場所でデザートブッフェなんて 最高!!

小さい頃と同じポーズで

ご新郎さまと 弟さま&妹さまで 久しぶりのスリーショット♡
実はこれ 小さい頃に 公園でご両親に撮影してもらった写真と 同じポーズ!
結婚式の準備をしていたら こんな写真が出てきて…というお話を聞いて
ぜひ懐かしいポーズで写真を撮りましょう!とご提案♬
大人になると ご兄弟で写真を撮る機会も少なくなるので いい記念に♡
結婚式は ゲストをおもてなしする場でもあり ご家族の絆をさらに深める機会でもある(^-^)

レストランのスペシャリテをギフトに

神戸出身のご新婦さまやご友人たちも 知らなかったという隠れ家レストランのスペシャリテ
自家製スモークサーモンをギフトに♬
結婚式で美味しい!!と大絶賛していただいた味を ご自宅でも召し上がっていただけるように♡
装飾や演出だけでなく ギフトも
おふたりらしさや このレストランで挙げる意味に拘りました(^ ^)

手作りのプリザーブドブーケ

プリザーブドフラワーの教室に行って作られた ご新婦さまの手作りブーケ♡
当日に向かって準備を進める中で
自分自身の才能や好きなことに 新たな気づきが生まれるのは
傍で見ていて本当に嬉しい(*^^*)
一生に一度しかない結婚式準備の期間も 思う存分楽しんでほしいというのが 私の想い♡

あたたかい余韻に浸る

結婚式の余韻に浸るおふたり(^ ^)
無事に終わった安堵感と 終わってしまった寂しさと…
ホッとしたあたたかさに包まれる 幸せなひととき♡

Wedding Data

新郎新婦
S.Tさま&Y.Tさま
場所
神戸
挙式日
2018.4.22
コンセプト
おもてなしガーデンウェディング
背景
ご新婦お母様の好きそうな雰囲気ということで 会場を選ばれたおふたり♡
会場選びも 結婚式の中身も
自分たちがこうしたい!というより 
ゲストの方に 心から楽しんでもらうことを重視されていました(^ ^)
そのため 余興やスピーチでゲストに負担をかけるのではなく
ゲストの方が今まで 参加したことのないような素敵なロケーションで
美味しい食事をゆっくりと楽しむ会に!